fbpx

リバウンドしないカラダへ!モレノ式ダイエットなら17日間で痩せる

リバウンドしないカラダへ!モレノ式ダイエットなら17日間で痩せる

スポンサーリンク

短期間のダイエットなのに、リバウンドなしで痩せられると話題!「モレノ式ダイエット」なら挫折しやすい方でもしっかり理想のカラダを目指せます。

やり方自体はそこそこハードな内容ではありますが、たった17日間我慢するだけで劇的に痩せることができるので、この機会に二の腕やお腹周りなどのコンプレックスとは、オサラバしてみませんか?

本記事では、そんなモレノ式ダイエットのやり方や効果についてご紹介します。

モレノ式ダイエットとは

世界一きれいになるモレノ博士の17日間ダイエット
出典:Amazon

「モレノ式ダイエット」は、アメリカでダイエットのカリスマと呼ばれる、Dr.マイケル・モレノさんによって考案されたダイエット法です。

そんなモレノ博士が著作した「世界一きれいになるモレノ博士の17日間ダイエット」は、発売直後にニューヨーク・タイムズやウォールストリート・ジャーナル、ワシントン・ポストなどでベストセラー第1位に選ばれました。

モレノ式ダイエットは、17日間×4サイクルの計68日間で構成されたダイエットであり、体重を減らすだけでなく、体型を維持し、リバウンドを防止するところまで計画化されています。過去には、タレントの春香クリスティーンさんや菊地亜美さんがモレノ式ダイエットに挑戦し、-4.5~7.6kgの減量に成功しています。

スポンサーリンク

モレノ式ダイエットのやり方

ネットの口コミを見ていても、数々の成功体験が見つかることから、効果的なダイエット法であると考えられるモレノ式ダイエットですが、そのやり方は少々複雑であるといえます。

まずは全期間に共通している注意点をご覧ください。

◯朝起きたら、まずレモン半個分のレモン果汁を飲む(水で割ってもよい)
◯毎日2リットル以上の水を飲む
◯毎食事時に緑茶を飲む
◯飲酒禁止
◯ルールに沿った食べ物以外は摂取しない
◯ヨーグルトや味噌などの発酵食品を摂取する
◯食事は腹八分目まで
◯毎日必ず有酸素運動を取り入れる

さらに上記の点に加えて、17日間ごとにダイエットのやり方が変わるので、サイクルごとの特徴を意識して取り組まなければなりません。そこで本記事では、17日間のサイクルごとの注意点や意識すべき点をピックアップしながら、わかりやすくモレノ式ダイエットのやり方をご紹介します。

1サイクル:モレノ式では最もハード!促進期の過ごし方

モレノ式ダイエットの促進期
モレノ式ダイエットでは一周目となる「促進期」は、全期間のうちで最も体重が落ちる時期である一方で、もっとも過酷な時期であるとも言えます。まずは促進期でしっかり体重を減らすことが、モレノ式ダイエットを成功させる鍵となるでしょう。

促進期の過ごし方、食べていいものは以下の通りです。

◯鶏むね肉やささみなどの低脂質な肉、魚
◯芋などを除く低糖質な野菜
◯ヨーグルトやチーズ、味噌などの発酵食品(1日2回まで)
◯玉子(1日2個まで)
◯毎日20分程度の有酸素運動

促進期はカラダを絞るための期間になるので、この1サイクル目で目標体重を達成する人も多いようです。とはいえ促進期は、あくまでモレノ式ダイエットの第一歩に過ぎません。ここで満足してやめてしまうと、リバウンドのリスクが高いので要注意です。

2サイクル:痩せたカラダを馴染ませる!活性期の過ごし方

モレノ式ダイエットの活性期
続いて2週目の「活性期」についてですが、促進期を乗り越えた方ならば、さほど苦痛に感じることなく過ごせるはずです。活性期は少しずつ炭水化物などを食べ始め、体重を落としてスッキリしたカラダに馴染んでいく期間になります。

活性期は、促進期の食事内容に以下の条件が追加されます。そして活性期と促進期の食事を毎日交互に繰り返してください。

◯貝類やカニ、エビなどの甲殻類
◯赤身の肉
◯玄米や麦ご飯などの低GIな炭水化物
◯豆類
◯芋類

活性期は促進期で抑制してきた食欲が解放されやすく、食べすぎのリスクが高まります。促進期以上に腹八分目を意識した食事を心がけましょう。

3サイクル:ここまで来たらもう一息!確立期の過ごし方

モレノ式ダイエットの確立期
確立期を始める頃には、活性期の生活を続けたことによって、徐々に体重の変化が落ち着いてくるはずです。よって確立期は、落とした体重を定着させるための時期だと考えてください。

食事も徐々に普段どおりのメニューに戻して大丈夫ですが、変わらず腹八分目を心がけ、以下の点に注意して過ごしてください。

◯高脂質な食材を避ける(脂身の多い肉など)
◯高糖質な食材の間食を避ける
◯飲酒禁止
◯40分以上の有酸素運動を取り入れる

40分の有酸素運動はハードに感じるかもしれませんが、1ヶ月以上の間、20分の有酸素運動を続けてこれたならば、基礎体力は既についているでしょう。確立期までくれば、モレノ式ダイエット成功までもう一息です。

4サイクル:モレノ式の終着点!達成期の過ごし方

達成期では、「促進期」「活性期」「確立期」の過ごし方を、自分のペースで選んで過ごしてください。思ったより体重が落ちなかった方は、促進期の内容を多めに取り入れて更なる減量を目指してもよいでしょう。

達成期までくると、暴飲暴食をしたいというい欲求はかなり薄れ始め、運動の習慣にも慣れてきていると思います。モレノ式ダイエットが終わった後も、健康的な生活習慣を続けるための練習だと思って、達成期を過ごしましょう。

達成期を乗り越えれば、もうダイエットをしなくて済む自分が仕上がっているはずです。

モレノ式ダイエットの効果・メリットとは

モレノ式ダイエットによって、大幅な減量に成功し、すでにリバウンドの不安がない日常を送られている方も多いと思います。ではなぜモレノ式ダイエットでは、これほど高いダイエット効果を得ることができるのでしょうか。

本記事ではモレノ式ダイエットによる効果を考察するとともに、モレノ式ダイエットを始めるメリットについても解説したいと思います。

①徹底された食事制限でしっかり体重が落ちる

モレノ式ダイエットは痩せる
1サイクル目となる促進期は、前述のとおり非常にハードな食事制限をすることになります。しかし促進期で推奨されている食事内容は、ただカロリーを制限するだけの無茶なものではなく、健康的かつ効率的に体重が落ちるように計算されたメニューなんです。

ダイエットに不慣れな方でも、決められたルールさえ守っていればいいので、ハードではあっても、実践するのは決して難しくはないでしょう。このように専門家の知識のもと、キッチリ体重を落とすことができるのが、モレノ式ダイエットにおける1つ目の利点といえます。

②停滞期をするする乗り越えられる

すでにダイエット経験のある方ならばわかると思いますが、長期間ダイエットを続けていると、いつしか体重の減少がストップしてしまう時期が訪れます。多くの方がこのタイミングでダイエットを諦めてしまいますが、モレノ式ダイエットは活性期の際に停滞期を乗り越えるための、仕掛けがしてあるんです。

停滞期が訪れる理由は、摂取できる栄養が減っていることを察知し、身体が勝手に省エネモードへと移行してしまうことが理由として挙げられます。しかし活性期では、減量メニューと通常の食事に近いメニューを繰り返すため、停滞期が訪れにくくなるんです。

よって体重の減少ペースは多少緩やかになるかもしれませんが、減量をストップすることなく、ダイエットを継続させることができちゃいます。

③適度な運動がリバウンドを防ぐ

モレノ式ダイエットはリバウンドしない
食事制限だけで痩せようとすると、やはりどうしても代謝が衰えてしまい、どんどん太りやすい身体へと近づいてしまいます。

しかしモレノ式ダイエットの確立期ではリバウンドを防ぐために、食事制限を緩めて、運動による減量を促進させるため、代謝をキープしたまま、ダイエットを続けることが可能です。代謝さえ衰えなければ、食事の量を戻していっても、しっかりカロリー消費できるので、リバウンドのリスクを大幅に減らすことができるでしょう。

④ダイエット達成後の過ごし方が変わる!

モレノ式ダイエットの効果
実はモレノ式ダイエットにおいて最も重要ともいえる効果は、ダイエット達成後にあります。

ダイエットが終わると、その反動で無茶な食生活を始めてしまったり、一切運動をしなくなる方が多いのではないでしょうか?このパターンは、無茶な食事制限や、ハード過ぎる運動を急に始めた方に多く見られる傾向です。

一方モレノ式ダイエットでは、最初こそハードではあるものの、最終的には無理なく続けられる程度の食生活や運動習慣に収束するため、終わるころにはさほどダイエットをしている感覚ではなくなってきます。

よってダイエットが終わっても、健康的な生活を続けることに抵抗が薄れ、太らない生活習慣を無理なく送れるようになるのです。

スポンサーリンク

まとめ:モレノ式ダイエットなら、人生最後のダイエットを目指せる!

本記事では、17日間のダイエットを4回続けるだけで、リバウンドの心配なく大幅な減量ができる「モレノ式ダイエット」についてご紹介しました。リバウンドのリスクが少ないモレノ式ダイエットなら、人生最後のダイエットにできるかもしれませんよ。

今回はモレノ式ダイエットのやり方や効果についても詳しく解説しているので、これまで色んなダイエットで失敗してきた方も、ぜひ本記事の内容を参考にして、モレノ式ダイエットに挑戦してみてください。

スポンサーリンク